Page: 1/2   >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | | - | - | - | - |
    ◆他人の作ったストーリーに生きてはいけない〜ソード8
    0
       他人の作ったストーリーというのは、おそらく子供時代の親との関係でできあがってくる厄介なものである。

      その後の人生の体験でさらにそれが増幅され、元のシンプルなストーリーさえもわからないぐらいこんがらがっている時がある。

      他人の作ったストーリーは実は居心地よいことが多い。だから気づかないふりして言い訳ばかりしていることもある。

      親から独立したと思っても、そのことに気づかないことが多い。もしかしたら死ぬ間際まで気づかないかもしれない・・・・。

      亡くなった祖母は最後死ぬ間際、弟を病床に呼ぼうとしたら「私が継ぐはずだった家を、あいつが生まれたせいで継げなかった、だから会いたくない」と言っていたそうで・・・

      祖母は12歳下の弟ができたせいで、他家へ嫁ぎ、嫁いだ先で死ぬほど苦労した人なので、気持ちはわかるけれども・・・・本当に当時の農家のお嫁さんはタイへンだったと思うけど・・・・

      でも、そんな年までそんな思いを持っていたのか!!って思った。これも一つのストーリーである。「わたしは被害者だ」というストーリーだ。

      それは多分死んだ後もそれを抱えていくのだろう。そしてその思いがあまりに濃い場合、それは世代をこえたストーリーとして延々と続くのです。

      しかし私の場合、神のはからいなのか・・・

      母の結婚は祖母の思惑どおり、その家を継ぐ立場になるべく縁組みを組んだのだが、ストーリーにどんでん返しがあり、家を継ぐことがなくなったのだった・・・。

      他人の作ったストーリーは生きられない。

      他人に自分のストーリーを強制させることもできない。











      | 吉田結妃 | 10:26 | - | - | - | - |
      さぁ河を渡るんだ〜タロット小アルカナソード6
      0
        評価:
        遠藤 周作
        講談社
        ¥ 620
        (1996-06-13)

         最近、自分の土星がとある節目を向かえようとしているからか、いろいろな今までのつながりが変化していく流れにいます。

        これから自分に関係ないくなる人やものが、それこそさーーーーーっと潮が引くような感じで目の前から去って行くような感じ・・・・薄れて行く感覚。あれほど熱狂してたものがあまり面白くなくなってしまった・・・。

        土星はサッパリと、いらないものをそぎ落としていくのでこういうエネルギ−が働きやすい。

        こういう流れを知っておくというのは、占星術の知恵ですが、なかなか良いものでございます。なくなった後に新しいものが入ってくるという確信があるから・・・・・。

        新しい河を渡る時は、船で、あまり荷物も持って行けないから、最低限なものだけを携行していくのであります。きっとあの向こう岸には、知らない世界が待っているのでありますよ。








         
        | 吉田結妃 | 19:41 | - | - | - | - |
        情報空間はもう一つのリアリティ〜ソード
        0
           電車に載って前の座席の人が何を持ってるかなって見ると、本、新聞、スマホ、スマホ、スマホ、本、みたいな感じですね。

          むかーしは誰かと一緒にいるときは携帯とかでメールチェックしたりするのは、なんとなく気がひけた感じもあったんですが、今はカフェとかで二人で席に座っているのに、話さずにスマホ相手にしていることも多く見られる。

          フェイスブックチェックをずっとしてる知り合いもいます。そっちが居心地良いのでしょうね。もうスマホが身体の一部じゃないかな?って思う位です。

          ニュースで見たんですけど。スマホのナビで高速道路に間違って徒歩で入る人が多いっていう話もありましたね。

          「今ここ」しかないリアルが、どこか違うところへ行ってしまった!!という感じです。

          この間電車の中で、肉付きの良い若い女子が、スマホのゲームなんでしょう、ものすごい派手はアクションでスマホを指先でたたきまくっていてですね、周囲の人がぎょっとするぐらい、オーバーアクションでなんか指先だけ妙に力がこもっていてですね・・・。じっと見てしまいましたw

          情報空間にガッチリ心を奪われているのはソードのカードぽいですね。なかなか出るのは大変そうです。











           
          | 吉田結妃 | 21:06 | - | - | - | - |
          かたくなな時は自分を守りたい時である
          0
            評価:
            山崎 啓支
            サンマーク出版
            ¥ 1,680
            (2009-02-19)

             こうでなければいけない!という心のブロックや思いこみは自分を守るためなのだという話しをこの方の本で知りました。ただその思いこみが1回スイッチが入るとずーっと続いてしまうわけですね。

            その状態はこれですね。



            様々な思いこみがあり、それがストップをかけているという話し。

            シータヒーリングとか、最近はいろいろな思いこみ解除をする技術がでていますね。

            こういうのは人でなくて自分でどの時にどんな思いこみスイッチが入ったかなって探れって「気付く」だけで、周囲の剣は抜けるんだけど・・・・.いろいろな要素が大人になる頃はからみあってなかなか抜けにくいこともあるかと思います。

            答えは誰も知らない、自分の内にしかない。







            | 吉田結妃 | 20:34 | - | - | - | - |
            ◆小アルカナ+感情 ストレス過多のひと
            0
                 吉田結妃です。



              悪夢で眠れないカード。

              現実にいろいろな問題があってストレスが多い。

              すべて決着がつくようにロジカルに考えすぎる・・・・。アタマでっかちな雰囲気も。

              この裏には

              「完璧に問題解決しなくては」

              みたいな気持ちがありそう。

              こういう場合はすぐ呼吸に意識をむけること。

              黒白でなく、グレーゾーンにしておいて時間がたつのを待つのも手。









              | 吉田結妃 | 11:08 | - | - | - | - |
              ◆小アルカナ+感情 柔軟な交渉ができるひと
              0
                 
                吉田結妃です。

                船の旅は、海次第。

                自分の考え(剣)も相手次第で変えるというカード。


                私は以前販売をしてたので、これ得意かも。

                自分とこの話しばっかしてもモノは売れないっちゅーの。

                相手にあわせて何がこの人にとって今必要な言葉か、読みながら、話していたように思いますわ。

                客観的に明快に、お客さんと私の状況を上から見れるような雰囲気になると、売れる方向になりやすかった。




                | 吉田結妃 | 10:58 | - | - | - | - |
                ◆タロット+感情 批判ばかりする人
                0
                   吉田結妃です。

                  批判は必要なんだけどね・・・・・


                  必要以上にそれをされるとどうなのよ!って思います。

                  5という数字は守るための攻撃。みたいなエネルギ−。

                  ほら職場にいませんか

                  「あたしはこんな忙しいだ〜〜」って無理矢理アピールしてこれ以上仕事が振られないようにする人・・・・。そんなエネルギ−が5だと思ってます。



                  でもこの奥には様々な感情があります。その奥は・・

                  自分を守りたい(恐れ)

                  自分は悪くない(プライド)



                  その根源をたどっていくと、もしかして子供時代に経験したことを再現しているというパターンもありえます。





                  | 吉田結妃 | 11:11 | - | - | - | - |
                  ◆タロット+感情 いらない感情にとらわれすぎて健康を害したひと
                  0
                     吉田結妃です。

                    剣がささっています!!心労のあまり体調を崩してしまいました。



                    ソードの10は出るとビビリますね。

                    この人はいろいろな思いをかかえすぎて、体調が悪くなってしまいました。早めに誰かに相談するなり・・・ができなかったのです。

                    感情って不思議なもので負のスパイラルに入るとずーっとそこに居続けてしまいます。



                    ここまで来てしまった奥には様々な感情があります。その奥は・・

                    自分がどうせ悪いんだ(恐れ)

                    人に弱音を出してはいけない(間違った思い込み)

                    こんなことを相談したらこんなこともできないのかと言われるかも(間違った思い込み)


                    こうなる前に、誰かに話を聞いてもらう。ということも大事になってくるのでは。





                    | 吉田結妃 | 17:34 | - | - | - | - |
                    ◆小アルカナ タロット+感情 うそつくひと
                    0
                       吉田結妃です。

                      気づくと「ウソ」で固めてしまっているひとがいます。




                      1度ウソをつくとずーっとウソを重ねていきます。

                      私は詐欺師にあった人から聞いたのですが、詐欺師って相手が信じやすい物証を持ってることが多いみたい。

                      そのときは

                      自称ニューヨーク在住医師。なぜか英語の論文を見せられたとか。

                      またM地所の●●さんを知っている・・など有名な会社をひけらかす。

                      土地を買うということで、地元しかしらない「◎◎さんの邸宅跡地がうりにでた」みたいなことを知っている。その図面なども持っている。

                      ということをほざいたらしいです。

                      みなさんもお気をつけあそばせ。
                      | 吉田結妃 | 18:04 | - | - | - | - |
                      ◆タロット+感情  目立つ人を引っ張る人
                      0
                        吉田結妃です。

                        目立とうとすると引っ張る人がいます。

                        子供のころそれをやられると、自分では気付かないけど「目立ちたいのに目立ちたくない」という2つの矛盾したものを持ち続けることになります。



                        せっぱつまったこのギリギリの矛盾感はソードの2の感じがします。

                        この奥にある感情は

                        自分を出すとつぶされる(恐怖)

                        やらなければよかった(罪悪感)

                        誰もわかってくれない(哀しみ)


                        潜在意識は自分が傷つかないように、必死で透明の枠を作ります。

                        自分の枠はタマネギのようにむけば次の枠がでてくる・・・そんな感じがします。

                        | | 20:27 | - | - | - | - |

                        PR

                        Calendar

                           1234
                        567891011
                        12131415161718
                        19202122232425
                        262728293031 
                        << August 2018 >>

                        Profile

                        スポンサー

                        Search

                        Entry

                        Archives

                        Category

                        Link

                        Feed

                        Others

                        無料ブログ作成サービス JUGEM

                        Mobile

                        qrcode