Page: 1/1   
セバスチャンサルガドの写真〜タロット皇帝4
0
    評価:
    Sebastiao Salgado,Eric Nepomuceno,Lelia Wanick Salgado
    Aperture
    ¥ 10,086
    (1993-10)

     私が、美大の浪人時代に、新宿の古本屋でスタジオボイスかスイッチか忘れてしまったんだけど、古本を何冊か買って、ぼんやり見ていたとき。

    ブラジルの鉱山で働く人のモノクロ写真が、突然、目に飛び込んで来た。

    露天掘りの鉱山らしく、何千人という男たちが肩に掘ったものをかついで何百段というはしごを登っている・・・・・・・。すごい写真だった。こんな風に仕事している人たちがいるんだ・・・。

    そして私はこの写真家に興味をもったのだった。その写真家はセバスチャンサルガドという名前。経済学者だったんだけど、写真家になった人だ。

    この人の肖像写真は、撮影された人間の誇りとか、過酷なものを受け入れるような肚が座ってる感じとか・・そんなものを感じる。とにかくみんな立派に見えるのです。

    写真に写っている人たちは、カメラをしっかり見つめている。おどおどした感じがまったくなく、カメラの前に誇り高く存在している。イメージ的にはタロット大アルカナの4皇帝がたくさん写っている感じだ。

    現実の厳しさに立ち向かう勇気ある姿。




    JUGEMテーマ:タロット占い

    | 吉田結妃 | 18:50 | - | - | - | - |
    忍耐と我慢と耐え忍ぶことと・・・
    0
      最近「もうこれからは好きなことをすることにしました」という人が同じランチのテーブルを囲み、話しをしていました。

      身近に志なかばで亡くなった方がいたからだそうです。とても素晴らしい考えだと思います。

      生きている時間は限りがあって、この経験は誰でもない私自身が創りだし、経験しています。やはり楽しいことに焦点は当てたい。

      「今はしょうがないから我慢してこれをやって、リタイアしたらあれをやろう・・・・」ではなく、今ワクワクすることをちょっとずつ全部やれ!という考えがありますね。ワクワクのバシャールとかソースも似たようなこと書いてました。

      今おれってワクワクしてんのか??みたいな感じで自分の思考が今どうか?て観察する良いきっかけになりますね。ちなみに、いつもワクワクしろってことではないと思う。悔しかったり悲しかったりむかついてりしてもいい。それを客観的に観察してれば。

      あとさ、ワクワクをすぐ行動しろっていったって、家族のためとか、世間体のためとか、で縛られることは多々ありますから、そこらへんは各自擦り合わせしていかないとね。

      世間の枠にキッチリはまっている感じで今の義務を第1にやってるのは、タロットカードでは皇帝ではないかと思います。枠があってそこからは出ません。今あるものを守り維持します。

      よそからみたら立派なんだが、個人的な思いなどは深く深く隠しているのだと思います。












       
      | 吉田結妃 | 19:57 | - | - | - | - |

      PR

      Calendar

         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << May 2019 >>

      Profile

      スポンサー

      Search

      Entry

      Archives

      Category

      Link

      Feed

      Others

      無料ブログ作成サービス JUGEM

      Mobile

      qrcode