Page: 1/1   
◆前世の記憶はあちらこちらで〜タロット運命の輪が回る時
0
    ちょっと占星術と妄想話題です。

    私はトルコのコンヤの神学校跡地に行ったとことがあるのですが、美しいブルーの屋根のなんか素晴しい所で。そこでは星をプールに映して星の勉強してたそうなんです。

    私はそれを聞いたとたん、超ロマンチック妄想炸裂してしまいまして、「もしかして大昔いたかも妄想」ですね。スピリチュアルな人は大得意な妄想ですね!

    でもって私は自分でも「中東の文化はどこかで私の内部にあったよな」と思ったわけです。更紗模様とか大好きだし、なんといってもイスタンブール懐かしい感じでしたもん(大妄想

    それから実際、占星術をかなり私自身が表に出し活動しはじめたのでございます。

    こういう論理的なことを越えた、一線に触れるのは運命の輪が回った感ではないでしょうか。ぐるっと回すと違う世界が展開しているっていう。

    あと、西洋占星術で、土地を変わると、出生チャートが動くのですが、私の場合、海王星木星がICに来るのがトルコのコンヤにジャストに乗る事が、後からわかり、「え〜〜〜〜やっぱり〜〜〜!」とさらに妄想炸裂ですね(爆

    ICは家族とか、家系とかその人のルーツみたいなところ。そこに木星が乗る場所っていうのは、「信頼する場所」みたいなところになるのだと思うのです。そこに帰れば保護されるみたいな、夢のような妄想の帰る場所です。たまらなく懐かしい、でも永遠に帰れない幻の故郷。


    前世の妄想、いいじゃないですか、現実に生きる力の後押しになれば・・・!



    JUGEMテーマ:タロット占い


     
    | 吉田結妃 | 10:59 | - | - | - | - |
    人生ゲーム〜タロット運命の輪
    0
      評価:
      ---
      タカラトミー
      ¥ 2,300
      (2008-06-26)

      昔、従兄弟の家に人生ゲームというボードゲームがあってよく遊んでいました・・・・。人生の意味もわからずに・・・・。

      いわば双六なんですよね。

      内容はあまり覚えていないのだけど、家族が増えて車に乗せたり、赤い紙は手形というものであまり持っては負けてしまうもの・・・ぐらいが記憶に残っております。またマスに書いてあることが、あまりイメージできないようなことだらけで面白かったが、ゴールしてもなんだか空しい感じもあったのが人生ゲームである。なんでだろう。なんとなく大人の有限な時間に足を踏み入れてしまう感じがしたからであろうか・・・。

      ま、それは置いといて、あのボードゲームにはプラスチックのルーレットがついていて、あのグルグル回る感じがいつもドキドキでしたね。

      まさにタロットだと運命の輪。

      運気の流れというものが、ああいうゲームの世界だと流れているなと実感することがあります。プロのマージャンの方が、延々と打ち続ける番組みたことあるけど、流れに一喜一憂しないで進めて行くんだなーと感心したことが・・・。だって昔親戚のおじさんとか、すごい一喜一憂しながらやってるのしか見た事ないからね(爆

      そのエネルギ−は気まぐれでどのように流れるかは誰も予測できない。運命は変えられるのか??変えるとしたら「今ここ」でしかないと思うけど。






      JUGEMテーマ:タロット占い
       
      | 吉田結妃 | 19:36 | - | - | - | - |

      PR

      Calendar

        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << May 2018 >>

      Profile

      スポンサー

      Search

      Entry

      Archives

      Category

      Link

      Feed

      Others

      無料ブログ作成サービス JUGEM

      Mobile

      qrcode