吉祥寺のタロット占星術占い師の吉田結妃がタロット読みのコツ、タロットパスワークなどについて書いています。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< ◆夢の記憶庫 18 月 パスワークタロット版画 | main | ◆私がとても参加してみたかったワークショップ >>
◆タロット おうちパスワーク 5 イメージを頭に吸い込む
吉田結妃です。

おうちでタロットパスワークやってみよう5回目です。

呼吸を深くして、心身リラックスさせるのにだいたい15分ぐらいかけてやってみてください。慣れると早く心が落ち着いてきます。

そうなったら、今度はタロットカードを手に取ってじっくり眺めます。

息を吸うときに、そのイメージがおでこの真ん中を通って頭の中に吸い込まれるイメージをします。

頭の後ろにはスクリーンがあります。白くて大きさは40cm四方、慣れた方はもっと大きくしてもよいでしょう。

頭のど真ん中に、クリスタルのような、「レンズ」があり、そこにいったんイメージを保管して、そこから後ろのスクリーンに映し出されるのをイメージしてください。

慣れてくると、焦点のあう場所がわかってきます。

そして息を吐くときは、そのイメージが真ん中のレンズを通り、おでこの真ん中から、元に戻るイメージをします。







-----



スポンサーサイト