吉祥寺のタロット占星術占い師の吉田結妃がタロット読みのコツ、タロットパスワークなどについて書いています。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< ◆タロット おうちパスワーク 5 イメージを頭に吸い込む | main | ◆タロット おうちパスワーク 6 イメージ 意識の世界の歩き方 >>
◆私がとても参加してみたかったワークショップ
吉田結妃です。

6年ぐらい前は「パスワーク」または「パスワーキング」という言葉。検索しても、あまりひっかからなかったのですが唯一、検索でひっかかった教科書。

この本を読んだら、ノーウィッキはワークショップを世界各地でしてたって書いてあって、私は「ノーウィッキのパスワーキングのワークショップに出たい!」ということを熱烈に思ってました。

私には相当わくわくすることだったんです。だから今、ワークショップをさせてもらって、とても嬉しい。

さて、ノーウィッキの本によると、現代のパスワーキングは「絵や音楽や詩」を使用しておこなうこともあるそうです。

ノーウィッキは、どういう象徴がどう現実に影響するかということを考えて、「パスワークの誘導」を考えています。またパスワークする絵はどんな絵がいいか、音楽はどういう音楽がいいか、詩はどういうのがいいか・・・などの選択のアドバイスなども。

絵や音楽や詩を見たり聞いたりすることと、根底は変わらないことなんですね。



スポンサーサイト