吉祥寺のタロット占星術占い師の吉田結妃がタロット読みのコツ、タロットパスワークなどについて書いています。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< ◆タロット+感情 批判ばかりする人 | main | ◆タロット+感情 断れないひと >>
◆タロットの絵をよく見た後で
吉田結妃です。

タロットの絵は22枚眺めることをしたら、今度はより深く、カードのイメージに入るパスワーキングをすると良いと思っています。

パスワーキングのやり方はこちら

1枚1枚をイメージのへ入って行きます。誘導瞑想とも言えます。そして入ったイメージの世界で、何か要求してくるなり、戦うなり、いろいろアクティブに行動してくる。

例えば、タワー16。


これは刷新作用のあるカードですが、このカードに入ると、

「タワー壊されるのがたまらなく好き!」という人と
「タワーが火事でにげまどっていた」という人にわかれます。

タワーが壊される(今までの自我が壊される)ことに抵抗があるか抵抗がないか、ということに関連しているようです。












スポンサーサイト