吉祥寺のタロット占星術占い師の吉田結妃がタロット読みのコツ、タロットパスワークなどについて書いています。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< ◆タロット占いは数でベースのエネルギ−をつかむ | main | ◆タロット ウェイト版 >>
◆タロット占いとはなんでしょうか
吉田結妃です。

占いというと、けっこう「あやしい」イメージないですか?悪い事いわれるんじゃないかしら??とか、変なもの売りつけられるのではないかしら?とか。

私はそういうあやしいイメージを払拭したいです。ネガティブな予言には興味ありません。予言なんて、自分でつくろうよ、と思います。

タロットはほんとは自分の直観とつながるトレーニングだったりします。これは右脳的。

そしてタロット占いはこんがらがった考えから抜けるために、1から整理しなおして、問題点をあぶり出し、解決する・・・・・・。これは左脳的です。

タロットのバラバラな要素をまとめて筋道立てるという土台は、ビジネススクールでも、お勉強するような科目、論理的思考(ロジカルシンキング)でもあると思っています。










バーバラ ミント,グロービスマネジメントインスティテュート
ダイヤモンド社

スポンサーサイト