吉祥寺のタロット占星術占い師の吉田結妃がタロット読みのコツ、タロットパスワークなどについて書いています。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< ◆パスワーク タロット 0.愚者の世界を歩く | main | ◆パスワーク タロット 5、教皇の世界を歩く >>
◆パスワーク タロット 2、女教皇の世界を歩く
タロット占いのやり方が1日でわかる講座、吉田結妃です。


2、女教皇はアカシックリーディングしてるらしい。または巫女さん一直線ともよく私は言います。全体的にエジプトちっくになってしもた。



知恵の象徴、フクロウが狭い部屋で飼われている。とても大きなフクロウである。周りの壁はやっぱりエジプト風味、儀式の所作が漫画のように細かく描いてある。





でたー巨大石版!見上げだよ見上げ。参加したKさんに「海のエジプト展へ行ってこい」と言われました。こういうのあったみたいです。以前からこういうの見たっていう人がいたので、あーこれのことかーと思いました。



この中で重要なマークは?と気合いを入れて書いてみました。こういときにはリモートビューイング的な感じでやってみる。どうやら鳥のマーク?らしい。


一言タイトル 巨大石板に響く鳥





スポンサーサイト