吉祥寺のタロット占星術占い師の吉田結妃がタロット読みのコツ、タロットパスワークなどについて書いています。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< ◆パスワーク タロット 0.愚者の世界を歩く | main | ◆パスワーク タロット 5、教皇の世界を歩く >>
◆パスワーク タロット 1、魔術師の世界を歩く
タロット占いのやり方が1日でわかる講座、吉田結妃です。

魔術師は、愚者が違う次元から持って来たものをどうプレゼンしていくかのスタートでございます。机はその人の作業場とも言ってます。私のはけっこうでかい。そしてなぜか左の上からスイスホルンがドカーンと置いてあるようです。まだ上とつながっているらしい。



そして遊びの場所である。ビリヤード&前もでてきたサッカーゲームボード。



ビリヤードでは3の球を沈めるために8、9の球を使うそうな。

これもタロットカードの象徴で考えるとよいですね、3女帝の生産性のための8、正義と9、隠者。最初魔術師にキューを握ってやってもらってたんですが、自分がやんないと意味ないわい!と自らキューを握ってやってました。


そして暗いテーブルの奥に、女帝がどっかと座っておった。





一言タイトル ボール遊びのための巨大な机





スポンサーサイト