Entry: main  << >>
信じる者は救われるのか
0
    これは難しい問いだね。

    信仰というのは、自分という個人だけでなく、大きな宇宙の流れと共にこの命があることが1番大事なことかと思うのです。

    宗教という形であれば、他人に強要しなければ私は何を信じてもよいと思う。その人 が健全な社会性を保っていて幸せならば・・・そしていわゆる教祖のみを全部信じなければ・・・。

    外側に信頼を全部預ける事はするなってことですね。

    現代社会の違った形の信仰は「経済や貨幣」です。印刷した紙きれがモノやサービスと交換できるという信仰です。

    この信仰がもしかして目に見えて変わるのが、今の時代かもしれません。

    支配と非支配の構造がゆるゆるになっていく。









    | 吉田結妃 | 11:45 | - | - | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | 11:45 | - | - | - | - |

      PR

      Calendar

        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << May 2018 >>

      Profile

      スポンサー

      Search

      Entry

      Archives

      Category

      Link

      Feed

      Others

      無料ブログ作成サービス JUGEM

      Mobile

      qrcode