吉祥寺のタロット占星術占い師の吉田結妃がタロット読みのコツ、タロットパスワークなどについて書いています。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< チャラ男は何のカード? | main | フェイスブック疲れ〜〜カップ8 >>
笑っていいとも!が終了!〜死神と吊られた男の関係
 あのお昼の長寿番組、笑っていいともが終了予定だそうですね・・・!!!

私が小学校ぐらいからあの番組はやっていて、初代いいとも青年隊に羽賀研二さんとかいましたよね・・・・・・(遠い目

今回タモリさんが「辞める」というのはまさに「死神」のカード。すべてが終了します。自分で決めて終わりにします。卒業することそのものですね。

死神の一つ手前は「吊られた男」というカードですが、これは自由に動けない状態という意味です。

タモリさんは「笑っていいとも」の看板をしょって、毎日毎日お昼の時間に番組に出続けていたわけですが、ある意味、これは吊られた男状態ともいえるでしょう。吊られた男は日々の仕事や義務に手一杯な状態ですが、縛られていることに対してはそんなに不満ではありません。中にいるとその不自由さは感じない。むしろそれが当たり前と思っている。

その視点をまったく新しくしてくれるのが「死神」のカードです。私はこの2枚はセットにして考えています。すべては必ず終わりがある。それがどれ位続くかはその人次第・・・.

しかしこの番組は1982年がスタートなので、30年近くやっていたんですね!継続力というのは,すごいものですね・・・!!

この継続する力は占星術でいうと、固定宮のエネルギ−(タモリさんは獅子座生まれ)であり、惑星でいったら土星ですね。(タモリさんは蟹座に金星土星が合

)仲間のために頑張ることが好き!という感じです。金星は楽しみ、土星は縛りですから、ゆるキャラに見えましたが仲間に甘えず自己を律する方のようです。キツくネジを締めてある感じ。

現在それに対して、ゆるくする油のような働きの「木星」がジャストに乗っています。この縛りを解いていいかも・・と感じたのかもしれないですね。





 
スポンサーサイト