吉祥寺のタロット占星術占い師の吉田結妃がタロット読みのコツ、タロットパスワークなどについて書いています。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 時間とお金〜この幻想なるもの | main | 海王星的な、あまりに海王星的な・・・ >>
バチカンで教皇を思う
評価:
---
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
¥ 800
(2011-02-23)

 イタリアへ旅行へ行ってました〜〜!

行きの飛行機の中で、「天使と悪魔」を見てました。これは教皇が亡くなって、教皇の「漁師の指輪」をぶっ壊すシーンから始まり、ストーリーはコンクラーベ(教皇の選挙)の間の出来事になってます。

枢機卿っていうんでしょうかね、たくさんの赤の服を着た枢機卿たちと、そして黒い服のカメルレンゴ(前教皇の秘書長)の色の対比が、映像で強調されていたように思います。あと黒い服は、主人公のトムハンクス(途中で黒い服に着替えてた)とか警察の刑事とか・・・・とても色でメッセージ送ってる映画でしたね・・・・。

天使と悪魔・・は表裏一体・・・。最後はビックリ!な結末でありました・・!

そんな映像みてバチカンのサンピエトロ大聖堂とか行ってきたわけでございます。

最近教皇が変わりましたよね。大聖堂周辺のお店には現在の教皇の生写真とか、ポスターとかいろいろ売ってましたよ。人気がとてもあるみたいです。

タロットでも教皇というカードがあります。祝福の印、下にある鍵2本、3重の冠と十字架、という教皇象徴がたくさんついています。

私はこの映画とか、実際のバチカンでのイメージから、いろいろな意味をもっと持たせてもいいと思いましたね。教皇は孤独なのかもしれないですよ・・・・。









スポンサーサイト