Entry: main  << >>
さぁ河を渡るんだ〜タロット小アルカナソード6
0
    評価:
    遠藤 周作
    講談社
    ¥ 620
    (1996-06-13)

     最近、自分の土星がとある節目を向かえようとしているからか、いろいろな今までのつながりが変化していく流れにいます。

    これから自分に関係ないくなる人やものが、それこそさーーーーーっと潮が引くような感じで目の前から去って行くような感じ・・・・薄れて行く感覚。あれほど熱狂してたものがあまり面白くなくなってしまった・・・。

    土星はサッパリと、いらないものをそぎ落としていくのでこういうエネルギ−が働きやすい。

    こういう流れを知っておくというのは、占星術の知恵ですが、なかなか良いものでございます。なくなった後に新しいものが入ってくるという確信があるから・・・・・。

    新しい河を渡る時は、船で、あまり荷物も持って行けないから、最低限なものだけを携行していくのであります。きっとあの向こう岸には、知らない世界が待っているのでありますよ。








     
    | 吉田結妃 | 19:41 | - | - | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | 19:41 | - | - | - | - |

      PR

      Calendar

      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      2930     
      << April 2018 >>

      Profile

      スポンサー

      Search

      Entry

      Archives

      Category

      Link

      Feed

      Others

      無料ブログ作成サービス JUGEM

      Mobile

      qrcode