吉祥寺のタロット占星術占い師の吉田結妃がタロット読みのコツ、タロットパスワークなどについて書いています。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 写真を取り直ししたほうが良いのでしょうか〜タロット17星 | main | アーティストは清貧であれ〜ペンタクルス5 >>
占いとコーチング
評価:
ヘンリー キムジーハウス,フィル サンダール,キャレン キムジーハウス
東洋経済新報社
¥ 2,730
(2012-06)

 私は、占い師としてデビューして、情報だけを伝える占いに、ちょっともの足らなさを感じてました。占いにいらっしゃるお客様は、星の配置や自分の可能性だけでなく、「今この不安をどうにかしてほしい!」という方が圧倒的に多かったからです。

いろいろ探した結果、コーチングを薦められて一通り勉強しました。

それで、占いとコーチングの違いなのですが、コーチングは「自分が話さないこと!」ということでした。

占いは、星からの情報を伝えることがメインで、今のクライアントさんの様子や感情にはあまりタッチしないですね。

コーチングは自分を透明にしていってクライアントさんの世界を一緒に体験して、そこからじゃあ未来はどうつくっていきましょうか?と提案していくような感じです。占いより深いラポールが必要だったりします。

私が習ったコーチングはビジネスコーチングとかではなく、その人の深い潜在意識にタッチするようなやり方で、技法によっては誘導瞑想ぽいやり方(潜在意識や感情、感覚にじっと浸ってもらうようなやり方)もある。

タロットとも西洋占星術と使うと、とても良いです。占星術は客観的にクライアント様の方向がわかるし、タロットは、より深い心の部分に踏み込んでいくきっかけを作ります。





スポンサーサイト