吉祥寺のタロット占星術占い師の吉田結妃がタロット読みのコツ、タロットパスワークなどについて書いています。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 占いとコーチング | main | 異なるものをミックスする〜タロット14節制アイデアの素 >>
アーティストは清貧であれ〜ペンタクルス5
「清貧」て言葉も古く感じるのぉ・・・若い人知らないかもね。

私、むかーーしに、ある芸術家の人に「芸術家は清貧であれ」と言われたのです。

私が作品を作成しはじめて、とあるギャラリーで個展やったときに、たまたま見に来てくれたのですが、「1度製作を初めた者は続ける責任があるから、なんとか続けろ」と言われた。「うし!がんばるぞ!」と思ってたんだけど仕事で忙しくなり、作品制作ができなくなった時も「それでいいのか」みたいなことを遠回しに言われたのであったよな。懐かしい。

しかし、形は変わったが、いまだに細々続いているよぉい!と彼に伝えたいところだよ。

でもってさ、この人多分さそり座火星の影響力強くて、かっこ渋い人だったのですよ。初回会ったときドキドキしたものね。みーーーんな女性は言ってたんだよね。ドキドキちゃうって。そういう人っているんだよね。たまーーにね。

でこの「芸術家は清貧であれ」と言われた時、たぶん私も舞い上がってて魂1瞬で抜けてしまって、その言葉を深層心理に打ち込まれてしまった感じがします・・・。まぁ洗脳ですわね。

口説きなら、瞬殺パワーをその人は持っている・・・・

まぁ私はそのパワーは出されたなかったがな(爆

その洗脳から抜けるの、というか、その言葉が入っているのに気付くのに時間かかりました。


 
JUGEMテーマ:タロット占い




 
スポンサーサイト