吉祥寺のタロット占星術占い師の吉田結妃がタロット読みのコツ、タロットパスワークなどについて書いています。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< やばいスマホの奴隷と化した〜タロット15悪魔 | main | セバスチャンサルガドの写真〜タロット皇帝4 >>
人生の区切りのタイミング〜タロット20審判
私がつとめていたアンティック店は、女社長が美しかったので、引退した紳士のおじいさんたちがよく話をしていった。いろいろなドラマのあるおじいさんたちの話はとても面白かった。

もう店が閉まって、9年となる。紳士たちも、もう90歳超える方もいるだろうなと思っていたら、お世話になった方が亡くなったことをネットで知った。その方が物故作家として紹介されていたからだ。

このタイミング・・・・お彼岸だったからだろうか。


こうして、記憶の底にあった時間のかけらが、また一つすーっとなくなっていくのだな。

その方は定年まで実業で社長をされて、定年後、作品を作成しはじめたらしい。緑の多いアトリエに何度かお邪魔したのだが、とってもすてきなアトリエだった。そしてすみっこの方に、スケジュール表があって几帳面に1週間の時間割が書いてあった。ほとんど作品制作・・・。それをみたときに、この人の「時間」の感覚をみた気がした。私はまだ30代前半で、まだまだ時間は続くということしか知らず、「残りの時間」という感覚をまったく思いもしない時期だったから・・・・・。

学徒出陣で南の島へ行っていたそうだ。帰ってきたら家がなくなって学校(芸大)に住んでいた時期もあるらしい。大胆で新し物好き、発明好きな方だったと思う。

おおらかな自由さと、でもどこかさめた目で世界をみていたような作品だった。

合掌。










 
スポンサーサイト