吉祥寺のタロット占星術占い師の吉田結妃がタロット読みのコツ、タロットパスワークなどについて書いています。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 消しゴムはんこではなく消しゴム版画〜陰と陽タロット大アルカナ世界 | main | 願望実現のしくみ〜タロット1魔術師・15悪魔・19太陽 >>
整骨院で元気になった〜タロット大アルカナ19太陽
評価:
謝 明徳,帯津 良一
エンタプライズ
---
(1998-06)

 私はもう10年近く、お世話になっている整骨院の先生がいる。整骨といってもクラニオセイクラルもやるし、エネルギー的に調整もしてくださる先生である。

最初の頃はそうでもなかったんだけど、前から治療中は先生は誰かとしゃべりながら治療していた・・・って多分これはこの先生の見えないレベルのスピリットガイドだと思う。

先生は無口なのでこちらが質問してもあまりお答えにはならないのだが、そっちとしゃべっているときはすごいです。

久々に先日行ってきました。あいかわらず私は治療中はうっとり変成意識にはいってぼーっとしてしまうので、先生、またなんかいってんなーーぐらいの感覚になってしまってるんですねw

しかし・・・それで途中、おなかのあたりで、突然「人をだします〜〜むおおおーーー」と言い出してね。ええこういう展開は今までなかったな、ギョっとなったんです・・・・なんか取ってたな・・・・・・それについてはこわくて質問しておりません・・・・・

昨年の時は私のエネルギーがあまり活発ではないみたいだったのだけど、今回は「最近気功はじめたんですけど。どーですかねーー」と聞いたら

「丹田のエネルギーアップをしておきました、はい、それぐらいほとばしるぐらいでちょうどいいです」と言ってくれてました。私はあまり丹田の感覚がわからなかったのですが体かる〜〜〜〜〜イ!!となりました。


最近は気功の感覚がちょっとずつわかってきて「見えない空間の力」に体は支えられてることが体感としてわかってくると、とんでもない単調なたってるだけの気功でもそれなりに面白くなってくる。丹田もなんとなくなんとなくアプローチ中。このまま仙人修行まっしぐらです。さすが進行の月が12ハウス。










スポンサーサイト