吉祥寺のタロット占星術占い師の吉田結妃がタロット読みのコツ、タロットパスワークなどについて書いています。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< ◆タロット読みのみと対面鑑定はちょっと違う | main | ◆前世の記憶はあちらこちらで〜タロット運命の輪が回る時 >>
◆アラサーちゃん面白い
峰なゆかさんのアラサーちゃんが面白い!!!!!!鋭いよねぇ^^!!

アラサーちゃんは「モテと自我の狭間で立ち位置を決めかねている主人公」という設定だそうなのですが

これまた天秤座の生きるテーマ・・というか牡羊座と天秤座の狭間って感じですかね。これは180度お向かいサインですけど、お互いないものを持っている関係なのですよね。

モテ→天秤座 まず他人目線。
自我→牡羊座 まず自分目線。

自我が強すぎると、相手にされなくなるし、相手を大事にしすぎると、振り回される。天秤座が強いと周囲からの期待像が自分自身になってしまって「本当のあたしって??」という究極の問いに行き着くかもしれません。

でもこういう狭間にいることで葛藤があり、試行錯誤があり、成長するのでございますね。

狭間って大事よぉぉぉぉぉ!

タロットカードも二つのものをどう扱っていくががテーマになっていると思うのでそのあたりからカード全体を扱えると、実際の占いでとっても役立つよ。みんな葛藤があって動けなくなるから、カードのイメージからどんな葛藤なのかしっかり意識できるよ。

タロットだとこの正義のカードが逆だと、「モテと自我の狭間で立ち位置を決めかねている」って感じになりそうです。





JUGEMテーマ:タロット占い



スポンサーサイト