吉祥寺のタロット占星術占い師の吉田結妃がタロット読みのコツ、タロットパスワークなどについて書いています。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< ◆最近ふと思う事がすぐ現実になっていて怖い タロット20審判 | main | ◆股割に憧れる〜ペンタクルス2だろうか >>
◆細かいカードを作ること〜ペンタクルス8
評価:
梅村 恭司
共立出版
¥ 2,705
(1989-06-25)
コメント:初期のマックに入ってたよね

最近の夢。

「とある部屋の床にたくさんの年賀状のようなカードが敷き詰められている。勉強会でなんかちょっと宗教ぽくて私は「こりゃ勧誘あるな」と思ってそそくさと逃げようとしている」

夢にまで「カード」の形状が出てきました。カードを作ることが、正直面倒くさいのでやりたくないのですが、いつも周囲に押されるカタチで「カード」を作ってしまう・・

紙に印刷するというのが大事なようなんです!!

今までの紙ものの縁は

まず短大がグラフィックデザイン

本のデザイン事務所(切って貼っての時代)

銅版画を習う

版画のギャラリーで働く

手作り印刷のグリーティングカード屋店長を経験

銅版画のタロットを作成、個展

ゴム版画カレンダーを作成 二人展

名刺の作成をはじめる

次はサビアンシンボル消しゴムはんこカードを作成するような流れになってしまった。サビアンシンボルは360個もあるので360枚のカードセットですか、そうですか・・・。

というわけで職人魂を(嫌だけど)発揮しないといけない時期が再び来たようです。

昨日会った人も、色のカードや神社カードを私に見せくれましたしね・・・・・

職人カードはペンタクルス8。これは有名ですね。



細かいものに分解するのはソードって感じですかね。
3は発展。ソードは切り分ける。細かくなる。考えることや神経を使うことがめちゃくちゃあるんですよね!!!っていう感じ!!!

神経集中することが多くなり、疲れてしまう。のカードだと思ってます。

細かいデザイン作業や、こまかくややこしいデータの入力、旅のチケット手配など、占星術でいうと水星たくさん使うとこんな感じでありましょう。自分がこれをするとなると、神経が細かくなってキーキーっていう人になるから、自分でいやなんだよね。









JUGEMテーマ:タロット占い


 
スポンサーサイト