吉祥寺のタロット占星術占い師の吉田結妃がタロット読みのコツ、タロットパスワークなどについて書いています。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< ◆「食」で殺される時代 ペンタクルス6逆位置と死神 | main | ◆夢を叶えるイメージは〜カップ7 >>
◆ほくろ手術をしました タロット大アルカナ死神
長年の懸案事項でありました「ほくろ手術」を数週間前に実施してましたぁ〜〜〜!!!!

数年前から気になっていた右のほほのほくろ。ここ数年でちょっといびつな形になってきてしまい、気になっていたのですが、久々に会ったウチの妹に、暗がりの場所で、「やだ、おねえちゃんのほっぺたにウ○コついてるかと思った!」と身内だけにストレートな物言いをされまして、身内の直観にはしたがった方がよいのかと思い(爆

近所の形成外科でとってもらいました。おかげさまで猫にやられたひっかき傷程度の傷が残るぐらいでございます。でもまだなおりきっていないので、テーピングをしている最中です。悪いものではなかったようで安心。

ほくろを取るだけでも気分かわりますね・・・ちょっと軽くなりましたよ。そのせいなのか、トランジットの海王星がネイタル金星に90度だから、はたまた心理占星術で自分の防衛パターンをしつこく考えてそれを手放そうとしているからか、考えや感じ方がかなり変わってきた。

今ね、とっても、キラキラ美しいものにキャーキャー言ってるのでございます。素晴らしく良いものを手にいれてもいいのだ、それを我慢しなくてもいいんだっていうことに気づいたんですね。

私は2ハウスという所有のハウスが、山羊座で支配星が土星。なので所有に関して重たさ、責任、課題がある。さらに加えて所有の牡牛座に土星がある。ダブルで所有への責任や課題というのがあるのだなということ。まぁこのあたりは出生のアセンダントにからみ出生時の時からの影響とも読めるのだが、そのあたりはおいといて。

欲しいと思っても、お金がないから我慢すればいい・・・という間違った刷り込みがどこかにあった。これは私が我慢すればいい=犠牲でいいのだという、我が家独特の家系の信条かもしれないなと、一人で暮らし始めて15年以上たって実家と離れてようやく、客観的に見えてきたと最近感じる。

このままイメージトレーニングで脱出もくろみ中です。いざ行かん新しい境地へ。











スポンサーサイト